ワイン

ソムリエ第1次試験2019

って全然更新してないやーーーん!


完全にモチベーション下がってました。


でも色々報告したいことも書きたいことも増えましたので、また再開します!(╹◡╹)パチパチ👏





あれからソムリエ試験2019がありましたね

私は受けました。


タウンページ並みに分厚い本を




ノートにまとめあげ、


格付けがなんや、




土壌や気候がなんや、


作り方がどうや、




何百種類もある品種がどうとか


色んな国の位置、地方名




ましては村の名前と畑の名前


全部カタカナやし、




表記はフランス語、ドイツ語、イタリア語、英語、ギリシャ語など色々な言語と戦って


全部暗記しました




何年分の試験の過去問を制覇し、


ずーーっと家にこもって

頭おかしくなりそうでした。

Processed with MOLDIV


てか完全に頭おかしかった笑






使ってた色えんぴつ全部さしたり

パリコレに出てきそうやなーとか

1人でやってた……




そんなこんなで

いざ!!!!第1次試験の筆記




90分の120問くらいやったかな?





初めの2.3問




「ん…?」





5.6問目




「え?あれ、どうゆうこと?」


10問目くらいには





「あー、これもーあかんわ…」







過去問からでーへんのんっかーーーい!





過去問から唯一でたのん

ブドウ酸のやつ酒石酸、リンゴ酸、クエン酸のやつだけ!!!(こうゆう化学系のことも勉強します)




フランス、イタリアとかはほんまに1問ずつくらいしかでなかったです。





制限時間を15分余らせて、

もう落ちたと思ったんで

一応見直しはしたんですけど

100%落ちたと思ったから諦めました




終了ボタン押して、また次頑張ろうって思って




ボタン押したら


[合格]







「なんでやねんっ!!!」


ほんまに口から出そうなくらいの




心の叫び。





嬉しさとゆうより、戸惑いが隠せなかったです。




合格するに、私が思ったことは、

・過去問は当てにならない。

・教科書を端から端まで読み、理解する

・当たり前のことは知ってて当たり前だ

・細かいことはさておき、全体的に見よう



です。





今回新世界のワインの問題が6.7割

皆んなそれぞれ出る問題は違いますが、あの分厚い教科書を何回も読み繰り返したものが勝ちです。







受かったから、調子乗って


こんなん言ってしまいました笑

ただただ言えるのは、本当に難しいです。

ひとまず、応援してくれてた方に対して

ちゃんと結果出せることができて

本当に良かったです!!(╹◡╹)

モチベーションよし!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です