ワイン

ワインの「重い」「軽い」?

こんにちはー!


もし1つだけ願いが叶うなら、


「冬がなくなってほしい」



春→夏→秋→春→夏→秋がいい。


はよ冬終われ!!





どうも!南国をこよなく愛する、はやしです☺


ワインを勧めるとき、



普段どんなワインを飲んでますか?

好きなぶどう品種は?



赤?白?

辛口?甘口?



軽め?重め?

って聞いておすすめできるものを自分なりに考えますが、



なんじゃそれ?って思う方に簡単に説明します( `ー´)ノ



しゃーぶしゃぶと白ワイン

ワインは100%ぶどうからできています。



ぶどうの果皮、種以外の果肉だけを潰して発酵させたのが「白ワイン」

果皮も種も一緒に潰して発酵させたのが「赤ワイン」です。




甘口・辛口は基本白ワインに使い、

軽め・重め(ライトボディ・ミディアムボディ・フルボディ)は赤ワインに使います。




軽重を左右する要素は、果皮や種からでるタンニンの渋みとアルコール度数

これらの要素よって、コクや渋みを生み出し、軽く感じたり、重たく感じたりします。






軽い?重い?

一体なんやそれ。




わかりやすくゆうと


飲んだあとの「余韻」の長さです。




軽いワイン(ライトボディ)は、香り渋みコクが弱くスッキリして飲みやすいワイン。

重いワイン(フルボディ)は、濃厚でコクがあり、口に含んだ際に膨らみがあって複雑な味がするワイン。



その中間に中口(ミディアムボディ)があります。



重いワインは1分以上の余韻があって、ずっしーーんってくるこの時間がなんとも幸せで

ぽわーん(*´Д`)です。




そのほかに「エレガント」っていうのがあって、

軽やかでも複雑な味わいを持ち、香り高く、適度な余韻が残るような、上品で女性的なワイン。


品種でいえば、ピノノワールが多いです。



人それぞれ味覚が違うので、同じワインを飲んでいても重く感じたり軽く感じる人もいます。

なので、はっきりとした定義はございませんっ!





自分なりに、あーやこーや言いながら飲んで楽しんでみてください。



ワインを飲んであーやこーやゆうてる人、ちょっとキモイなーって思ってたけど



勉強しだすと自分もそうなってるww

どんどんキモくなろうと思います。


2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です